griot日記

griotblog.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 11日

生ゴミ回収 はじめます

毎週土曜日、griot.にてたかいく農園さんの野菜を販売しています。おかげさまで、毎週たくさんの方が完全無農薬、無化学肥料のお野菜を「美味しい!!」と言って買っていただいてます。
ありがとうございます。

完全無農薬、無化学肥料で育てるというのは並大抵の仕事ではないと思います。
農薬や肥料を使えば雑草や虫を手作業で取り除いたりなどの手間も省け、見た目は美しく育ちます。
見た目は・・・・
あ、農薬などの話はちょっと置いといて・・・・(これもかなり重大なのですが!減農薬を唱う野菜が危険とか)

肥料について。
もちろん化学肥料は使わないので何を肥料にするかというと、落ち葉や生ゴミで堆肥を作ります。
家庭から出た生ゴミもとても良い肥料になるんです。
可燃ゴミで生ゴミを出すと焼却するのに大量の重油をかけて燃やしているのが現状。水分も多いのでなかなか燃えないのでしょうね。
葉山では、キエーロというコンポストの作り方を推奨してて、お庭がある家庭では生ゴミを土とよく混ぜて作る事ができます。マンションなどの土を確保出来ない家庭でもコンポスト用の木のボックスを作って実践されてる方も多いです。

我が家も去年からキエーロ方式でコンポストを作っていますが、庭では少しのハーブくらいで、特に大々的に畑をやっていないので、「巨大で元気なミミズが沢山いるのに、この子たちが充分活躍出来てないのがもったいないな〜」と、思いつつ続けていました。
そんな時先日、coyaのキコちゃんから面白い話があって(coyaでは毎週金曜日たかいくの野菜を販売しています)
「たかいく農園では堆肥が足りなくて困っているらしい。野菜を販売しながら生ゴミを回収しようよ!」と。
それを聞いた時は、なんてすごいサイクルなんだろう!!と感動。
生産者→販売先や近所のcafeやレストラン、一般家庭の生ゴミ回収→自分たちの生ゴミが質の良い堆肥になり美味しい野菜に変身。
という素敵サイクルが出来上がる。

たのしい事がまた増えたなあ〜
みなさんの生ゴミお待ちしてます☆

うちでは、ゴミはステンレスのボウルなどに入れて溜めてます。
フタ付きの琺瑯バケツや容器だと可愛く、匂いも抑えて溜められます。

<たかいく農園直売&生ゴミ回収>
逗子では毎週水曜日 CINEMAAMIGO+わかなパンのwednesday market
    毎週金曜日 coya
葉山では毎週土曜日 griot.

*基本、なんでもOKです。ただし、紙、ビニールは混ぜないようにしてください。
*腐ってても大丈夫。
*ワックスがついた果物類、農薬がついてるであろう野菜くず、添加物食材でも分解されるので大丈夫です!
*貝類は、アサリ、しじみなどの小さいものは他の物と一緒で大丈夫。牡蠣やサザエさん並のサイズは別にして持って来てください。農家さんが砕いて混ぜるそうです。
*ここがポイントで、水分含んでる方がむしろ良いそうなので、特にしっかり水切りしなくても大丈夫。
こういうサイクルが全国に広がれば面白いよね。
買うだけじゃなくて、消費者も一緒に無農薬野菜を育ててることになるし。
可燃ゴミの量や余計なエネルギーも削減される。
生ゴミを溜める=それを日々目にする。すると自分の食生活が見えてくる。
何が余計で、何が必要なのか考える。
カラダの中もきれいに健康になる。
自分もまわりの人も幸せになる。
ね!  

完全無農薬・無化学肥料の農家さんがもっと増えることを願います。
近所のスーパーなどに希望の食材を扱ってくれるようにリクエストするのも効果大です。

e0105916_8555492.jpg

cafeで出している、おいしいベビーリーフ達☆ 味が濃くて力強い。パワーも強烈♪
[PR]

by griot-net | 2011-02-11 23:37 | new! griot.info


<< 本日はお休みです。      料理教室やります! >>